会社概要

お菓子を通じて安心・安全な製品を提供する昭和製菓株式会社。
当社を代表して代表取締役社長 田口輝からのご挨拶です。

会社概要

当社は主に洋菓子、焼き菓子、飴菓子を製造しています。先代が大手だった製菓会社から独立して田口製菓を創業しました。その後製菓会社三社の企業合同により設立されたのが昭和製菓です。


昔「土産物にうまい物無し」という言葉がありましたが、バター飴の過当競争の時代など、300円の商品が5個で1,000円、6個で1,000円といった形で販売されていました。当初は安ければ何でも良いという時代でした。また本州から北海道に来る人は、だいたい8年から10年に1回しか来ないというのもあったので、当社でもあまりバターを使わずに、フレーバーを使い作っていた時期もありました。ある日ふと思ったのが、自社の製品を”兄弟や親戚にもっていってうまいと言える商品が無い”ということです。その時から今までやすかろうまずかろうの考えを改め、原価を考えず、チーズ、小麦粉、砂糖、卵、バター等北海道産の原料にこだわり、本当においしい商品を作るという方針に転換しました。この決意が、現在に至るまでの経営方針として決まったといえます。


そして経営者の思いを日常的に社員に伝え、理解してもらう努力をし、共に育ちあい、一歩一歩レベルを上げ活力に満ちた豊かな人間集団になりたい。それも私の役目だと思い行動しております。


近年の地球温暖化やもったいない運動など、地域社会や環境に対する基本姿勢にも積極的に取組み地域や環境保全・生態系維持に努め、CO削減に取り組んでおります。

代表取締役社長

田口 輝
(タグチ アキラ)